何で紫外線を浴びると日焼けするの?

f:id:oyasumitan:20180612230043j:plain
紫外線量が最も多くなる春から夏はとくに日焼けが気になります。
日焼けの原因といえば紫外線。
そもそも紫外線を浴びると何で皮膚が赤くなったり、黒くなったりするのか?
紫外線対策について書いています。

紫外線と日焼け

日焼けは、太陽光(紫外線など)の過剰照射されることで発生し、その結果結炎症して赤くなったり、黒く日焼けした肌になります。

紫外線は、UV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C(紫外線C波)という3つの波長に分けられます。
波長が長いほど皮膚の奥に入り込むという性質があり、UV-AとUV-Bの2種類の波長が日焼けの原因になっています。

このUV-A、UV-Bの波長は日焼けだけではなく皮膚ガンを引き起こす原因でもあるので日焼け対策をすることで皮膚ガンの予防にもなります。

f:id:oyasumitan:20180612141329j:plain

  • UV-A(紫外線A波) 波長が長く、皮膚の深部まで到達して、肌を黒くする。シワやたるみの原因になる波長です。
  • UV-B(紫外線B波) UV-Aより波長は短いが、サンバーンという皮膚の炎症を引き起こす。シミ・ソバカスの原因になる波長です。
  • UV-C(紫外線C波) 波長が短いためオゾン層でほとんど吸収されるため地上にはほとんど届いていません。ただ、波長が短い方が細胞へのダメージが大きくなるので細胞が死んだりガン化する老化促進作用が強くなります。

日焼けの種類

日焼けには2種類あります。
皮膚が赤く炎症するサンバーンと、皮膚が黒くなるサンタンです。

サンバーン

日焼けすると赤くなってヒリヒリした痛みが出ることがあると思いますが、それがサンバーンです。
サンバーンは『日光皮膚炎』という紫外線UV-Bによって起こる火傷です。

UV-Bが皮膚に当たると、肌の細胞が傷つき活性酸素を作り出します。
それによって毛細血管が広がって、血液量が増えるため皮膚に炎症が起こります。
紫外線にあたってから2~6時間後に皮が赤くなり、ヒリヒリした痛みは6~48時間後に最もひどくなります。

サンバーンはメラニンが少ない色白の人に起こりやすく、UV-Bの肌へのダメージが蓄積するとシミやソバカスの原因になります。

サンタン

サンタンは紫外線UV-Aがメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の生成を促すことで起こります。
皮膚の中のメラニン色素が増えることで皮膚が黒くなります。

メラニンの成分量は個人差がありますが、浅黒い肌の人は色白の人より多くのメラニンを持っているので浅黒い肌の人の方が日焼けしにくいです。

24~72時間の間に色素沈着が進行して皮膚が黒くなり、3~8日後に皮が剥けます。
UV-Aは赤くなったり炎症を起こすことはありませんが、シワやたるみの原因になります。


日焼けで皮膚が老化する

医学的にも日焼けはシミ、そばかすを増やし、皮膚を老化させ、皮膚ガンなどを誘発するため、『紫外線には当たらないほうが良い』と言われています。

肌の老化の8割は太陽光によるものだと言われているので、日焼け止めクリームや日焼け対策をすることで皮膚の老化を防ぐことができます。
最近では『飲む日焼け止め』という飲むだけで日焼け対策ができるサプリメントもあります。

日光は全く浴びない方がいい?

日光を浴びることでビタミンD欠乏症を防ぐこともできます。
日本では日照不足でビタミンD欠乏症になることは稀ですが、1日15分程度、日焼け止めクリームなしで日光浴するだけで十分な量のビタミンDを体内で作ることができます。


紫外線対策

  • 長時間日光を浴びない
  • 日傘、帽子、サングラス、日焼け止めクリームで防ぐ
  • ビタミンで体の中からダメージを受けた肌を回復させる。
  • しっかり保湿をする。

日焼け止めの選び方、塗り方はこちらに詳しくまとめてます。(SPFとPAについて)
日焼け止めのSPFとPAって何?日焼け止めの塗り方も紹介
部位別おすすめ日焼け対策
準備中
飲む日焼け止め
準備中


紫外線対策だけじゃダメ?

紫外線対策を気をつけている人は多いと思いますが、太陽光は実は紫外線だけじゃないんです!
紫外線対策だけ頑張っていても肌が赤く炎症したり、しわやたるみができることも…。
なのでしわやたるみは絶対作りたくない!とい方はこちらの記事も一緒にどうぞ。